08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
  • ボランティアニット<セーター2着目>(4) 後身頃完成
    AKI (02/07)
  • ボランティアニット<セーター2着目>(4) 後身頃完成
    那智 (02/06)
  • ボランティアニット<セーター2着目>(3) 前身頃完成
    AKI (01/25)
  • ボランティアニット<セーター2着目>(3) 前身頃完成
    那智 (01/24)
  • ボランティアニット<2011年分>
    AKI (01/16)
  • ボランティアニット<2011年分>
    那智 (01/15)
  • ボランティアニット<セーター2着目>(1)
    AKI (01/11)
  • ボランティアニット<セーター2着目>(1)
    那智 (01/10)
  • ボランティアニット<マフラー2本目>(4/END)
    AKI (01/10)
  • ボランティアニット<マフラー2本目>(4/END)
    那智 (01/09)
RECOMMEND
裏も楽しい手編みのマフラー
裏も楽しい手編みのマフラー (JUGEMレビュー »)
嶋田 俊之
ボランティアニット<マフラー2本目>はこの本のP4〜5掲載のもの。
編み図記号の説明もさっくり載ってる。
RECOMMEND
ドレスアップ・ドレスダウン―simple chic
ドレスアップ・ドレスダウン―simple chic (JUGEMレビュー »)
茅木 真知子
実物大パターンを読みとるのがちょっとやっかいだけど(黒一色はキツイよ…)、シンプルでイイ! ストレートパンツのパターンをアレンジしてアオザイ(風)用パンツに。
RECOMMEND
エレガントにチャイナ服
エレガントにチャイナ服 (JUGEMレビュー »)
月居 良子
アオザイ(風)はこの中のNo.7を使用。
RECOMMEND
サンドレスとジャンパースカート―女の子の毎日の服〈2〉
サンドレスとジャンパースカート―女の子の毎日の服〈2〉 (JUGEMレビュー »)
文化出版局
女児用ワンピース その2 はNo.10フリルポケットのサンドレス(サイズ130)。
文章の説明が最小限で、イラストを見て頭で考えて手順を補完する必要あり。全くの初心者が作るには難しいかな。
RECOMMEND
RECOMMEND
洋裁―製図の書き方から部分縫いまで
洋裁―製図の書き方から部分縫いまで (JUGEMレビュー »)

厚さ3〜4cmはあるかという立派な本。和裁でもこういう本があればいいのに。
RECOMMEND
やさしい和裁―単衣作り方から着方、帯結びまで
やさしい和裁―単衣作り方から着方、帯結びまで (JUGEMレビュー »)
清水 とき
これを見ながら浴衣作ってます。用語や手順、もう少し細かく書いてほしい…。
RECOMMEND
ミシンで縫うはじめてのゆかた・甚平・作務衣
ミシンで縫うはじめてのゆかた・甚平・作務衣 (JUGEMレビュー »)

わからんところはこっち読んでなんとか補完。
RECOMMEND
こどものゆかたとじんべい―ミシンでかんたん
こどものゆかたとじんべい―ミシンでかんたん (JUGEMレビュー »)

90〜130cmまで型紙掲載。個人的には製図方法がほしいところ。
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
MOBILE
qrcode
OTHERS
ウールアンサンブル 紳士用(その6)
腰下寸法を12cm短くし(衿先が12cm下がる)、剣先からまっすぐ線を引き直せばいいや〜。
そう思っていた。
しかし。
よく考えたら、えり付け寸法とおくみは密接な関係があったのだった。
うわ〜・・・めんどくせー。
めんどくさいので、ここは『知らなかったフリ』作戦。
誰も気付かない、気付かない…。
続きを読む >>
0
    AKI | 和裁もどき - 着物・浴衣・甚平 | 15:47 | comments(0) | - | pookmark |
    ウールアンサンブル 紳士用(その5)
    名実共に重い腰を上げ、ようやく衿の付け直しを始めた。
    えりを外した

    ・・・・・。

    誰だよミシンでこんなに面倒くさい縫い方したのは!!!

    誰にもぶつけられない怒りを胸にイヒヒ、ひたすらリッパーでミシンの縫い糸をほどく。
    直しが必要と知っていたら、誰もミシンでなんか縫わないよな〜。

    もうぐちゃぐちゃ

    共えり・衿を外すだけで気力を使い果たした。
    続きはまた今度だな…。
    0
      AKI | 和裁もどき - 着物・浴衣・甚平 | 15:32 | comments(0) | - | pookmark |
      ウールアンサンブル 紳士用(その4)
      長着(未)完成!
      全体像
      なぜ「未」完成か!?

      えりが短かったねん・・・。
      「(腰骨〜くるぶしの長さ)−10cm」が「えり下長さ」になり、そこでおくみの「えり先部分」が決まる。
      おかしいと思ったんだよな〜〜〜。M浦の足がこんなに長いはずないよなーって。

      えりを外して、また継ぎ足し、えりをつけ直す作業が待っている・・・。
      ショボーン。ムニョムニョ
      でもえりだけ直せばいいから(しかも共えりでごまかしがきく!)着物ってある意味楽。

      別布で継ぎ足した『ゆき不足』の部分でござる。
      継ぎ足し部分
      白いのは肩当てをおさえているしつけ糸。
      えりを外す前に、えり回りにもしつけかけなきゃ・・・。
      0
        AKI | 和裁もどき - 着物・浴衣・甚平 | 15:06 | comments(0) | - | pookmark |
        ウールアンサンブル 紳士用(その3)
        くけくけくけくけ
        くけまくり。
        おくみつけ→身頃&おくみ縫い代伏せ縫い→おくみ・裾の三つ折りぐけ。
        実はくけるのキライじゃない。

        着物を作るとき、この「くけ作業」が終われば…次は…っていうパターンが身に付いてきた。
        着ないのに作りすぎ?
        0
          AKI | 和裁もどき - 着物・浴衣・甚平 | 15:03 | comments(0) | - | pookmark |
          ウールアンサンブル 紳士用(その2)
          元旦。
          またM浦は実家へ旅立っていった。
          何ってすることないから集中!集中!

          わきを縫って伏せ縫いした〜。っていう写真かなこりゃ。
          記事の日付は1/1だけど、入力してるのは2/13だもんなー。
          わきぬい〜
          たぶん、女性用と違って前・後身頃両方に『内揚げ』があるんだよ!それっぽくできたよ!っていう気持ちで撮った写真なんだろうなぁ・・・。

          肩当て〜
          スーツ用の裏地で肩当て。もうまさにスーツっぽい!

          きせをかけたり縫い目を折ったりするときに、必ず絵筆の水で湿らせ当て布をしてアイロンをかけるのだけど、そのときのにおいが「おじさんの背広」を連想させるんだな〜。
          A山父は自分で背広のズボンにアイロンがけをする人だった。そのにおいと一緒だ。


          オヤジくさい!?びっくり
          0
            AKI | 和裁もどき - 着物・浴衣・甚平 | 15:02 | comments(0) | - | pookmark |
            ウールアンサンブル 紳士用(その1)
            2006年の正月は、二人揃って着物で初詣行ってみるかー?

            そんなのんきな会話をしたのは何ヶ月前のことだろう・・・。

            オークションで反物+羽裏を落札したのは10月末。
            それからうだうだと手をつけずにいたらアオが亡くなり ポロリ 、義父が入院し、祖父の葬儀があり。
            そんでもさすがに正月に間に合わないー!と採寸・見積り・しるし付けを始めたのが12月も半ば。長着(着物)は頑張れば1週間ちょっとで出来るかなーと思ったのだけど甘かった…。
            しるし付けしてから実際に縫い始めるまでまたタイムラグがあったりして。たらーっ

            へらでは全く跡が付かなかったので、ウール(ポリエステルとの混紡)=背広・スーツ=洋裁感覚! とばかりに、チャコペンシル&チャコペーパーでガッチリしるし付けしてやったぜ!
            どうだこれなら見えるだろう ごく一般的な「亀甲紋様」
            濃い色の方が表。だと思う・・・。
            表裏を判断するのにものすごく迷った。
            でもラベルや品質表示が付いている方が表だよな…。
            明るい方の面が表になるように巻かれていたので混乱してしまった。
            呉服屋さんにメールで質問しようかと思ったくらい。

            まぁそんなこんなで慣れている方の長着(着物)から作り始めたわけだ。
            続きを読む >>
            0
              AKI | 和裁もどき - 着物・浴衣・甚平 | 16:37 | comments(0) | - | pookmark |
              デニム地で木綿着物 (#2)
              懲りずに第2弾。

              今度のはユザワヤ店頭で実際に確かめて買ったデニム地。
              確か8オンスだったような・・・。布巾は110cmちょい。
              前回のデニム地よりは軽いので、そで口やすそに裏布をつけようと目論んでいた。

              デニム地で単衣着物を2着作った経験から言わせてもらうと・・・・・。
              作りづれー。
              生地の織り糸が斜めになっているので、生地も斜めにゆがんでいるのだ。
              まぁ、無理矢理ぐいぐいひっぱればいいんだけどさ。
              どうしても織り糸1本の世界までこだわりたくなっちゃうんだよね。

              まずはそで。
              袷着物を作るわけではないから、その工程はあまり参考にならない。
              * 単衣羽織のそで口布の付け方
              * 手持ちのポリエステル袷着物の出来上がり具合
              参考に、そで口と振りにそれぞれ裏布を縫いつけた。
              デニム着物 (#2) そでの裏布
              イイ感じ♪

              身頃はふつうに仕上げ、裏布を八掛&裾回し風に裾部分で縫い合わせ、裏布を数ミリ出す形で折りあげておくみの端を縫い合わせる・・・。
              あ、縫う場所行き過ぎてた。まぁそれっぽくなってりゃいいや。
              居敷当ては表と同じ生地を付けた。

              う〜〜〜〜〜〜ん・・・・・・・・。
              やっぱり重くなってしまった・・・。

              今回は広衿仕立てにするつもりだった。
              衿裏は八掛(風)と同じ生地を予定していたが、これ以上重くなるのもなんだなぁ〜と思い、もっと薄い生地を使うことにした。
              もっと薄い生地で使えるのって・・・いちご柄しかないやん・・・。

              着たら見えないから気にしない!

              もう一つ問題となるのが「掛け衿(共えり)」。
              これも薄いのにした方がいいよなぁ・・・と考え、またキンカ堂で生地を買ってしまった。
              いや、ホラ、また足袋作ろうかなって。
              ・・・在庫豊富だなや。

              こうして「ブルーストライプ・掛け衿はチェック柄・裏布には手描き風葉っぱ・衿裏にはピンクのいちご」という木綿単衣着物が完成したのであった。

              デニム着物 (#2) 衿裏・八掛(風) デニム着物 (#2) 掛け衿・衿裏 デニム着物 (#2) すその

              次は男物ウールアンサンブルだ!
              もうオークションで反物落札しちゃったもんね・・・。

              泥沼。
              0
                AKI | 和裁もどき - 着物・浴衣・甚平 | 20:22 | comments(0) | - | pookmark |
                デニム地で木綿着物
                ゆかたが終わって、ロックミシンを買って。
                再開第1号は「デニム地で木綿単衣着物」を作ったのであった。

                ふだんぎや」さんというネットショップを覗いていたら商品のラインナップに『デニム着物』があった。こちらはこの他木綿着物や長襦袢を作ってくれるそうな。

                8オンスの柔らかいデニム生地で…と書いてある。
                おー、これこれ!とひらめいた。

                ポリエステルの袷着物(中国製)を2枚ほどネットで買ってみたけど、なんというか柄が自分のキャラに合わない・・・。
                自分で作ってみたいけど反物から作るのはどうかなぁ〜、反物も高いしなぁ〜と思っていたところだった。
                デニムならミシン仕立てしてしまってもいいだろうし、ある程度生地の厚みがあるからウールと同じく単衣仕立てでいいんじゃないだろうか?と思いついたわけだ。
                デニム=丈夫 なイメージがあるので洗濯機でガシガシ洗ってもいいかな〜なんて。

                ネットショップで見つけたリバーシブルデニム。このストライプ柄に一目惚れして買ってしまった。
                ま、結果的には・・・固くて厚いので、着物には向いてなかったかな〜なんて。
                このショップは生地見本を送ってもらえるのだけど、まどろっこしくて即買いしてしまった。もちっと忍耐力をつけねば・・・。

                月曜にしるし付けを始め、生地端をロックミシンで処理。
                いやぁ〜さすが、家庭用ミシンのジグザグ処理より速い!速い!
                その前日・日曜におかずを作りだめしていたため、家事は最低限。毎日時間の許す限り長着(いわゆる着物のこと)製作に没頭していたら、土曜日には出来上がった。
                直線部分はミシン・くける部分は全部手縫い。

                これには前回の小学生女児用ゆかた製作経験が生きていると思う。依頼してもらって良かったな〜とつくづく思った。

                羽織ってみたら厚いので暑い。
                裾捌きもよろしくない・・・。外で着ると簡単に着崩れしそうだ。はははは。
                そして、重い。
                デニム着物 #1 リバーシブルデニムの裏

                ユザワヤでもっと少し柔らかくて軽い8オンスデニム生地を買ってあるので、今度はそっちを仕立てようと思う。
                懲りてない?
                0
                  AKI | 和裁もどき - 着物・浴衣・甚平 | 19:04 | comments(2) | - | pookmark |
                  小学生女児用ゆかた(5)
                  えりの伏せ縫いを終え、そで付け。
                  これもミシンで縫ってみた。
                  つけ終わったそでの、身頃側の耳をくけて「本体完成」。

                  やたら裄長のゆかたになっちまっただよ・・・。
                  元々、採寸サイズが63cmのところ(子供にしては長いと思うが)、成長を見越して66cmで作ったから仕方ないけどね。
                  羽織ってみると、肩幅〜そでの長さは充分すぎるほど。
                  身巾は…あたりまえだけど前の合わせが体のわきに全然届かない。
                  丈も充分だなや。

                  両方4cmずつ肩揚げを施し、そでの振り部分のあまり代を縫いつけ。
                  胸ひもをつけて完成!!!

                  依頼主のお母さん(着る本人のおばあちゃん)が着付け出来るというので、腰揚げはしないことにした。
                  着るの来年だから身長の予測が出来ないもんね〜。
                  ゆかた出来上がり 胸位置に着けたひも

                  自分で言うのもなんだけど…。
                  私が作ったにしては、矛盾点無くそれぞれのパーツがかっちり合ってくれた一品である。
                  (縫い進めると最後がずれてる…って良くあるじゃん!?)
                  0
                    AKI | 和裁もどき - 着物・浴衣・甚平 | 11:08 | comments(2) | - | pookmark |
                    小学生女児用ゆかた(4)
                    えりつけ途中

                    えり付け。
                    共えりを地えりに縫いつけ、身頃に縫いつける。
                    しつけをかけた後ミシンでダーっと!
                    肩あき部分がツレたりしないか心配だったけど、きれいについた。良かった良かった。

                    次に三つえり芯をあまり布から切り出してちくちく。
                    えり布に1mmのきせでアイロンをかけ、えり先の始末をしてからえり布を被せて伏せ縫い。の途中。

                    身頃・おくみの余った部分をえりに巻き込むのだけども、大人サイズより余りが多いのでえりの中に入れ込んだ布が多いったら。
                    もぉえりがモッコモコだよ〜。ははは。
                    0
                      AKI | 和裁もどき - 着物・浴衣・甚平 | 21:56 | comments(0) | - | pookmark |
                      1/4PAGES | >> |